MENU

リポドリン,危険,効果

リポドリンの最安値通販はこちら

リポドリンの効果は危険?

リポドリン,危険,効果

 

リポドリンは、ネット上では危険と騒がれていますが、どんな医薬品やサプリメントでも飲み方を間違えた場合は全て危険です。

 

リポドリンは正しい飲み方をする事で、貴方のダイエットを効率よくサポートしてくれますが、飲み方を間違った場合は大変危険です。

 

リポドリンの主成分エフェドラは大量摂取するととても危険

リポドリン,危険,効果

 

エフェドラは別名マオウ(麻黄)とも呼ばれており、医薬品名は塩酸エフェドリンと呼ばれます。

 

海外ではリポドリンの様にサプリメントで販売されていますが、日本では厳しい薬事法で管理されている為、医薬品に分類されます。

 

覚せい剤の成分であるアンフェタミン関連は、塩酸エフェドリンを合成する過程で開発されました。

 

漢方薬である麻黄からエフェドリンを抽出する際に、アンフェタミンが開発されたのです。

 

覚せい剤と類似している部分がある為、1錠につきエフェドリンを25mgを超えて配合されている物は劇薬に扱いになる為、規制に入ります。

 

また、1割を超えて配合されている物は、覚醒剤の原料になる為、こちらも規制されています。

 

通常の量であれば、咳止めの漢方薬としても使用されているので問題ありませんが、大量にエフェドリンを飲んでしまうと、とても危険な事になるのです。

 

エフェドリンを飲む事で起こる、具体的な副作用として出る症状は、眠れなくなる、神経が過敏になる、気持ち悪くなる、嘔吐する、頭が痛くなる、尿が出なくなる、口が渇くなどの症状が起こります。

 

リポドリン,危険,効果

 

8週間以上連続して使用禁止されているエフェドリンを、長期間使用し続けた場合、不安や幻覚などを伴う精神症状が起こる場合があり、過剰に摂取した場合は、不整脈や心停止を起こす可能性があり、2003年に大リーガーの選手がエフェドリンを大量摂取したことによる死亡も起こっています。

 

こういった事からも、間違った飲み方をするとリポドリンが大変危険と言われている理由です。これは、風邪薬や咳止めを大量に服用しても同じく危険な事と同じです。

 

リポドリンが危険ではなく、使い方を誤るととても危険な物になってしまうのです。

 

これは、作用としてはカフェインとも類似しています。カフェインも過剰摂取すれば死亡に繋がります。

 

正しい知識を身につけてから、リポドリンを安全に使用するようにしましょう。

 

リポドリン通販TOPへ