MENU

糖質,脂肪,ダイエット

リポドリンの最安値通販はこちら

糖質を減らせば脂肪は溜まりにくい

糖質,脂肪,ダイエット

 

脂肪を溜めないようにする方法としては、糖質を制限する必要があります。

 

最近流行りの【炭水化物抜きダイエット】がこれにあたります。以前までのダイエットは、摂取カロリー自体を抑える事で

 

脂肪を増やさないためにダイエットの前提として、食べた量よりたくさんのカロリーを消費する必要があります。

 

方向性としては、
(1) 摂取する量を減らす → 食事制限
(2) 消費する量を増やす → 運動する
(3) 脂肪が優先的に減ってくれるとうれしい → 後ほど

 

このページでは、食事制限について紹介します。「制限」にもポイントがありますので、栄養素別に特徴を見てみましょう。

 

【糖質】
ブドウ糖に分解され、体のエネルギー源になります。

 

糖質は体にとってエネルギー源としての意味しかありません。糖質が不足しても脂肪などからエネルギーが供給されるため、摂取が不足しても体に大きな影響はありません。

 

【脂質】
脂肪酸に分解され、体のエネルギー源になります。

 

脂質には人間が体内で合成できない必須脂肪酸(DHAなど)と呼ばれる大事な栄養素が含まれているので、きちんと必要量を食べる必要があります。

 

【たんぱく質】
体脂肪の増加とはほとんど関係ありません。

 

体内で合成できない必須アミノ酸が含まれていたり、筋肉や骨など体を生成する原料にもなりますので、むしろ積極的に摂取すべきでしょう。

 

以上から、糖質制限を中心とした摂取カロリーのコントロールが合理的だと分かります。

 

糖質制限のダイエットに対する効果

糖質,脂肪,ダイエット

 

糖質制限は以下の点でダイエットに効果的です。
(1)血糖値が抑えられるためインスリン(肥満ホルモン)が出にくく、脂肪が作られにくい。
(2)糖質の代わりに脂肪がエネルギー源として使われる。
(3)糖新生(*1)の際にエネルギーが消費されるので基礎代謝が上がる。
糖新生(*1)って何?

 

ブドウ糖(エネルギー源)を生成するとき、主原料である糖質が少ないと別の原料(肝臓がアミノ酸や乳酸など)を使ってブドウ糖を作り出す肝臓の働きをいいます。

 

低インスリンダイエット

インスリン分泌量を抑える食物があることを利用したダイエット法です。 ちょっと前に、話題になりましたよね。

 

炭水化物摂取による血糖値の上がり具合を数値化したものをGI値(グリセミック・インデックス)と呼び、GI値が低い食物を摂取していれば、インスリンの分泌量が少なくブドウ糖が脂肪になりづらいという理屈です。

 

いつもGI値を意識しないといけないのが、ちょっと面倒で不便です。

 

甘いものを食べると太る?

甘いもの(砂糖など)そのものが太る原因ではなく、砂糖を摂取するとインスリン分泌が活発になるため、糖質(ブドウ糖)がどんどん脂肪組織に取り込まれてしまうのが原因です。

 

糖質を減らせば脂肪は溜まりにくい

糖質,脂肪,ダイエット

 

脂肪を溜めないようにする方法としては、糖質を制限する必要があります。最近流行りの【炭水化物抜きダイエット】がこれにあたります。

 

ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする事です。

 

以前までの食事制限によるダイエットは、単純に摂取カロリー自体を抑える事で、消費カロリーを上回らせる事で、体重を落としていく事が多く取り組まれていました。

 

しかし、より健康的に効率良く脂肪を落とす為を考える為に、3大栄養素の役目を見直してみましょう。

 

タンパク質
タンパク質は、骨、筋肉、血液等、体の基礎の材料となります。

 

ダイエット時は、脂肪だけでなく筋肉量も同時に落ちていきます。筋肉量が低下していくと、基礎代謝も低下していくので、結果的に消費カロリーが落ち、痩せにくい体へとなってしまいます。その為、タンパク質を減らした食事にするのは論外です。

 

むしろ、しっかりとした体を維持し、基礎代謝を高める為にも、タンパク質はしっかりと取る必要があります。

 

脂質
脂質は人間の体の燃料となりますが、一部、人の体の中で作ることが出来ない必須脂肪酸がある為、脂質を極端に控えてしまうと栄養バランスが崩れてしまいます。

 

脂質も必要最低量は摂取する事が大切です。

 

糖質
糖質は体内でブドウ糖へと変換され、体を動かす燃料として使われます。この糖質を過剰に摂取してしまう事で、体内で脂肪が蓄積されていきます。

 

反対に糖質が不足した場合、エネルギー不足は脂肪などを分解して利用する為、ダイエットをする上で、健康的に効率良くを考えると、この糖質を削るのが一番良いと考えられます。

 

糖質,脂肪,ダイエット

 

食事制限のダイエットは糖質制限が一番効率が良い

上記の事を理解すると、単純に摂取カロリーを落とすよりも、摂取する栄養バランスを考えながら制限することで、より健康的に効率よくダイエットを行う事が出来ます。

 

また、ダイエットをする際に、糖質を抑える事で、様々なメリットがあります。

 

糖質を摂取する事で、食後の血糖値が急激に上昇します。その血糖値の急激な上昇に伴って、血糖値を下げようとインスリンが分泌され、インスリンによって体中へと燃料となるブドウ糖が運び込まれ、余った分は脂肪となります。

 

糖質の摂取を抑える事で、食事をしても血糖値が上がりにくくなる為、脂肪として蓄積されづらくなります。

 

更に、糖質が不足した場合、体内の脂肪を分解する事で燃料の不足分を補うため、体の脂肪を減らすことが出来るのです。

 

その際に、筋肉も同時に分解されてしまう為、筋肉量を維持するために、運動とタンパク質の摂取を行うと良いでしょう。

 

甘いデザート等は、糖分の固まりを摂取しているので、血糖値が急激に上昇します。

 

急激に血糖値が上昇すると、インスリンが大量に分泌される為、脂肪として蓄積しやすくなってしまうのです。

 

つまり、太るのとインスリンには深い関わりがあるのです。

 

血糖値の上昇を緩やかにするだけで、インスリンの分泌量が抑えられ、太りにくくなるというわけです。

 

リポドリン通販TOPへ