MENU

肥満,病気,健康

リポドリンの最安値通販はこちら

肥満による病気と健康

肥満,病気,健康

 

肥満は万病の元とも言われているほど、様々な病気になる危険因子を含んでいます。

 

加齢と共に体の力は弱体化していきます。

 

それでは、具体的に肥満はどの様な健康へのリスクがあるのでしょうか。

 

心臓や血管への負担の増加

肥満体型になると、血管がのばされた状態となります。

 

通常よりも血管が長いということは、それだけ血液を遠くへ送らなくなはならない為、結果的にポンプの役割を担っている心臓へも負担がかかります。

 

肥満者には、血中コレステロール値や血糖値が非常に高い方が多い為、血管内へ脂などの汚れが溜まりやすくなり、血栓のリスク増加や、その血栓が血液の流れに乗ってどこか別の場所で血管を詰まらせると、梗塞を引き起こすリスクが高まります。

 

呼吸器への影響

肥満体型になれば、通常よりも贅肉によって気道が圧迫される為、呼吸がしづらくなります。

 

また、睡眠時には気道が塞がることで起こる、睡眠時無呼吸症候群になるリスクが高まります。

 

膝や腰への影響

肥満体型の場合、その体重が膝や腰に負荷をかけます。長期間負荷が続くと、膝の痛みや腰痛の原因ともなります。

 

様々な病気への影響

肥満,病気,健康

 

・高脂血症(高コレステロール)
血液中の脂質が増える事で、血管内部が詰まりやすい状態となります。血流が悪くなる事で、様々な影響が考えられます。

 

・動脈硬化
高コレステロールや高血糖が続くことで、血管壁へ負担がかかり動脈硬化が進行していきます。

 

文字通り血管が硬くなり弾力がなくなってきてしまうのです。進行すると、血栓ができやすくなったり、血管壁がはがれ血流によって流される可能性があるので、大変危険です。

 

・高血圧症
コレステロールによって血管内が狭くなったり、動脈硬化によって血管の弾力が失われたりすると、血圧が上昇します。

 

・心筋梗塞、狭心症など
心臓周辺の血管が詰まってきて細くなり、心臓への酸素共有が足りなくなってしまうのが狭心症です。

 

また、狭心症が進行し、血管が完全に詰まってしまい、血液が足りずに心臓の筋肉が壊死してしまったは、心筋梗塞が起こります。

 

・脳梗塞、脳卒中など
脳の血管周辺で詰まりや血管から出血が起こる事です。

 

早期発見、早期治療がとても大切となり、肥満になるとリスクが高まります。

 

・糖尿病
肥満の方に、血液中の血糖値が非常に高い方になりやすい生活習慣病です。

 

インスリンの分泌に異常が起こり、血液中の血糖値が下がらなくなってしまう事で糖尿病を引き起こします。様々な病気と併発しますので、注意が必要です。

 

・痛風
贅沢病と言われていた痛風は、肥満体型の方にも多くいます。一度発症してしまうと、歩行困難になる場合も御座います。

 

・睡眠時無呼吸症候群
肥満体型によって気道が塞がってしまい、空気の通り道を確保出来ないことで起こります。

 

・女性のがんのリスク向上
肥満によるホルモンバランスの変化によって、卵巣がんや乳がんのリスクが高まるといったデータが御座います。

 

リポドリン通販TOPへ